Home * Admin * New entry * Up load * All archives

雪解け間近



curve


3月27日撮影


道路脇の雪壁が低くなってきて見通しが良くなり、撮影場所も増えてきました。
去年、冬の始まりはひと月程早かったですけど
雪解けは平年並みです…ネ。


日当たりの良い所では雪が解けて
ふきのとう
福寿草も咲きだしました。




日没後



薄明の富良野線


日没後
うす~く色づく北西の空。
丘の谷間はもう薄暗いけど
やって来た汽車の車窓には
まだ、灯りがついていない。
この後、運転士さんは
夕暮れの暗さに気が付いて
車内灯を点けるのだろうか。



満月の日、これを撮っていて
月の出を撮りそびれたのでありました…(・∀・i)タラー


3月12日撮影




3月ダイヤ改正



なよろ3号



モサモサと降りしきる雪の中の撮影は
今冬、これが最後になったかも知れません。


名寄~旭川普通列車



先週末から好天続きで雪解けが進んでます。
それでも、北海道の冬は侮れません。
たまぁ~に3月中旬過ぎの大雪がありますから。
春を待つ気持ちとモクモクの雪煙をまた、被りたい気持ちが交差する今日この頃です(笑)






3月4日からのダイヤ改正
本物の撮り鉄じゃないので
時刻表は買ってません(;'∀')
ネット上でやっと、新しい時刻表をGet出来たので
先日のラッセル車を撮った時に他の汽車も撮って来ました。

1枚目は快速なよろ3号
2枚目は名寄~旭川行普通列車。
車種は一緒でキハ40、スピードも同じ。
違うのは快速は停まらない駅が多いだけw

大きく変わったのは特急列車。
特急サロベツが国鉄キハ183系気動車からキハ261系気動車に変わりました。
(このブログにご訪問下さる方はなんのこっちゃでしょうけど(;'∀')

サロベツ4号 直前まで夕陽が射してたんですけど・・・
モサモサと雪が降り出しちゃって~ピントっぱずれ

サロベツ4号



宗谷本線 3月8日撮影





宗谷ラッセル



宗谷ラッセル1


新雪を豪快に跳ね飛ばし
濛々と雪煙を巻き上げてやって来るラッセル車。
踏切の近くまで来ると
フランジャーを上げ、ウイングを閉じ減速して通過していきます。
通過後は黒煙を吐きながらエンジン全開にして
また、フランジャーを下げウィングを開き
雪煙でアッと云う間に姿が見えなくなります。


宗谷ラッセル2


12月半ばから3月半ばまでの4ヶ月間。
旭川~稚内間をほぼ毎日この作業を繰り返しています。

来冬もまた、豪快なこのラッセル車を見せてくれるでしょうか。
近々にロータリー車に変わっていくとされています。


3月8日撮影 宗谷本線




今冬、宗谷ラッセルを撮っていなかったのが
心残りでしたので撮って来ました。
3月4日からのダイヤ改正で運行時間が不明でしたが
今迄の時間に合わせてスタンバイ。
撮りたいと思っていた場所では待ちきれずに
和寒まで行ってしまいました(^▽^;)





今日は当ブログの、誕生日。
8年目に突入です。
7年目の終わりにブログトップに初めて広告を出してしまうと云う体たらく。。。
カメラのシャッターと押したのも1月29日に石北ラッセルを撮りに行った時以来で(^▽^;)
気力体力ともに減退?老化?7年分、年を取ったので(笑)

毎日、覗いて下さる方、たま~に覗いて下さる方。
いつも、本当にありがとうございます☆⌒(*^-゜)v Thanks!!
また、ボチボチとやっていきたいと思います。
広告が出てこないように(;^_^A









石北ラッセル



石北ラッセル1




大荒れに荒れた先週末でしたが
昨日は朝から陽射しもあって穏やかでした。
久し振りにまとまった積雪があったので
一年振りにラッセル撮影に。
宗谷本線のラッセル時間には間に合わなかったので
石北本線へ。

日没が少し遅くなってきたとは云え
4時頃に通過する場所でスタンバイ。
あまりラッセルしてくれない場所なんですが
昨日はチョットだけしてくれました。
望遠でやっと、撮れたくらいの場所で。
サービスだったかな(笑)
日曜日だった事もあって踏切、踏切に
撮り鉄さんたちがいらっしゃいました。





石北ラッセル2




石北ラッセルは2度目でしたが
今回もノロッコ号が挟まってました~ラッキー~♪


このところ、
トンと鉄ブログ化してますなwww



特急オホーツク



オホーツク6号



網走からやってきたオホーツク6号
さぞかし、お顔を真っ白にしているんじゃないかと思ったら
真っ暗で見えませんでした。
それに雪が降り過ぎて
ヘッドマークにピントを合わせられなかった(;'∀')




そして、網走に向かうオホーツク5号
ホームの灯りを貰えて少しは明るく撮れました。

オホーツク5号



横アンで。
巻き上げる雪煙と車窓の明かりで
翼を広げて飛んでいるように
颯爽とやってきました。

オホーツク5号



雪が降ると線路端に立ちたくなります。
しかしながら
雪、降り過ぎでしたので
屋根がある跨線橋の中から撮りました(´艸`*)




1月26日撮影
石北本線 伊香牛駅にて






シリキレ…(;^ω^)



富良野線




電柱と電柱の間から撮りました。
電柱の支線が入ったのを
消そうと思いましたが
面倒になってトリミング・・・で
汽車のお尻が切れてしまいました。


これをもちまして
完璧なネタ切れとなりました。

バッテリーちゃーじちゅう~٩( ''ω'' )و


アーベンロートの富良野線



アーベントロート1


夕焼けのアーベントロート
夕陽の赤い光を受けて輝きながら聳え立つ山の姿が壮観なのです。




爽快な冬晴れの日は
間違いなく山々が色づくと確信して
この場所で汽車が来るのをスタンバイ。


山々を汽車の後方に持ってくるには
ライトピカッとする上り列車の方が良いのですが。

1枚目の山は美瑛岳。
色づきはまだまだこれからでした(;'∀')



10分後。
ちょうど良く色づいた十勝岳。
下り列車の後追いとなりました。

アーベントロート2




一冬に何度見られるか分からない貴重な瞬間。
丘の上で夕陽を眺めながら、このひと時を待つのも良いけど。
この一刻に汽車の時間が合うのはもっと、貴重なのです。




冬晴れの富良野線



冬晴れ1




雲ひとつない爽快な青空
山々の稜線までクッキリと見える日なんて云うのは
一冬に何度あるでしょうか。
3日かな・・・5日あるかな。

そして、撮影に出掛けられる事が出来るとなると
極めて貴重な日なんであります。
だから、線路端優先になってしまうのですよ(´艸`*)



冬晴れ2


この場所で山々に汽車を絡めて
順光で撮るには午後からで2時過ぎからになります。

こんな日は山々の夕景も見逃せません.
1時間後ににまた、線路端に戻ってくる事になります٩( ''ω'' )و







闇鉄



闇を行く



流し撮りでやっと、写せる
外灯一つもない闇夜の線路端


もちょっと、ピントを合わせて
シャープに撮れるようになりたいぞ!


カメラの限界?レンズの限界?
試行錯誤して追及するのみです。
本当はもっと、良いカメラとレンズが欲しいけど・・・(*´з`)





このカテゴリーに該当する記事はありません。