Home * Admin * New entry * Up load * All archives

96時間 Taken (2009年)

0 comments  0 trackbacks

リュック・ベッソン製作によるのタイムリミット・アクション。

93分と短めの映画でした。


主演はリーアム・ニーソン。

この方は私的に『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 』の

クワイ=ガン・ジン役の方のイメージが強いですね。

それと『シンドラーのリスト』でオスカー・シンドラーを演じていた方でした。

堅実な役柄が多かったリーアム・ニーソンが全くタイプの違う役柄だったけど・・・

このところ、リュック・ベッソンの映画は殆ど見ているので

なんとなく見てしまいました。


あらすじを簡単に云うと

離婚歴のある元工作員CIA?の父親が

愛する娘がパリで誘拐され、一人で救出するお話です。


最初の場面でひたすら愛する娘の17歳の誕生日に

カラオケのオモチャをプレゼントした所

新しいパパからのお馬さんのプレゼントでそのオモチャを投げ出されたのは

とっても可哀そうな感じでしたが。。。


威厳をなくした父親が娘を誘拐した犯人を

バッタバッタとなぎ倒しながら追いつめていき

最後に娘を救出するんですね。

父親の愛情物語と云う方が合っているかもしれませんね。


アクションや銃撃戦等は今一つ???

監督はピエール・モレル、『アルティメット』の時もそうだったけど

今一つなんだよね。折角の場面があれ?って云う感じ。

でも、アクションシーンでの走しり方に

57歳の父親の悲哀が出ていて物悲しさを感じました。


96時間 [DVD]96時間 [DVD]
(2010/03/05)
リーアム・ニーソンファムケ・ヤンセン

商品詳細を見る



この誘拐の背景には

人身売買が絡んでいるんだけど

こんな事が本当にあるのかしら。。。

事実は小説より奇なりとは云いますけど

この犯罪組織は、経費削減の為にフランスの空港に

降り立った若い女性の旅行者を誘拐するんですね。

その手口はと云うと、若いイケメンにタクシー乗り場で

「タクシー料金は高いので割り勘で相乗りしませんか」と。。。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ekagen123.blog16.fc2.com/tb.php/30-b1a09d63